2010年12月18日

曇りのち晴れ。

mum 101206.jpg

 花の少ない季節に貴重なポットマム。
 いちごショートという名前だけれど、日照が少ないせいかまっ白なまま。


けっこうかわいい。
posted by おかめ at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2008年05月30日

女王様。

IMG_0241.JPG

この季節、名前のとおり君子蘭が咲き誇っています。


色鮮やかでしょ。
posted by おかめ at 23:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2008年04月05日

My standard

IMG_9392.JPG

先月、中学の謝恩会に何を着て行くかで悩んだ。
で、悩んだ末にこれかよ〜と知ってるかたは思うだろな。


「まだこれ着てるのか」って!
posted by おかめ at 01:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2008年02月05日

母は熱く語る。

IMG_8703.JPG

きのう、立春。
スノードロップにはもうつぼみが。
まだ雪だって吹きつけるのに。


強いものです。
posted by おかめ at 22:48 | Comment(3) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2008年01月13日

飾りなのよわたしは。

IMG_8271.JPG

11日の朝。
ものすごく冷え込んだので、そこかしこに氷が張っていました。
放射冷却の仕業です。


さっむ〜い!
posted by おかめ at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2007年11月21日

母親委員会プレゼンツ  おつきゆきえさんのおはなし会♪

IMG_7657.JPG

ふたりして息を切らして会場に入り、ドタバタと校長室でお茶を出して頂いてるあいだに、わたしは何かとやることが。
ええ、お金の件ですとか、きょうの次第のおさらいとか。

おっと。ご紹介を忘れてました。
何度かこのブログにも登場されてます。
おつきゆきえさん。当市出身の朗読家です。


ああよかった。
posted by おかめ at 23:45 | Comment(5) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2007年11月20日

ドキドキハラハラ(^^;)

IMG_7646.JPG

夕方五時前。
これから愛の逃避行に向かう。


んなワケないだろっ!ヘ(__ヘ)☆\(^^;ナンデヤネン
posted by おかめ at 23:05 | Comment(4) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2007年07月12日

読み聞かせスキルアップ講習会

IMG_5675.JPG

昨夜、市PTA連合会による母親委員長等会議に付随する研修会として、読み聞かせスキルアップ講習会が行われました。



熱気ムンムン。
posted by おかめ at 23:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2007年06月27日

半角のずれ。

IMG_5514.JPG

図書館曜日です。
『香水ーある人殺しの物語』ともお別れ。
二週間限りの逢瀬でございました。



あたらしい恋人は、だれ。
posted by おかめ at 23:45 | Comment(3) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2007年05月08日

うれしいことがありました♪

IMG_4778.JPG


いまにも口を開けそうなパックマン。



ぢゃなくって、
posted by おかめ at 23:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2007年04月23日

言論の不自由。

IMG_4494.JPG
              「空の水底」




「余計なことは喋るな」



何本も釘を刺された。



posted by おかめ at 15:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2007年04月12日

まぶしい朝

IMG_4051.JPG


きのうの午後は寒かったせいか、やっぱりこの子だけのまま。



それでも、
posted by おかめ at 00:36 | Comment(6) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2007年03月11日

学年総会

IMG_3532.JPG


これは一昨日配達に行った小学校の玄関にあった生け花。
猫柳が勢いよく枝を伸ばしています。
季節を感じます。



昨夜は
posted by おかめ at 23:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2006年10月15日

いも掘り。

IMG_0494.JPG


きょうは五年生の親子レク。
学校で借りた畑でいも掘りです。

青空の下、半年間世話して来た(世話になった?)畑の草取りと後片付けから始まりました。



それにしても、
posted by おかめ at 22:53 | Comment(7) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2006年10月13日

出前講座・災害に備える〜いのちとくらしを守るために

kikikanri061013.jpg



きょうは市役所危機管理室の方をお招きして、防災についての出前講座を開きました。




はい。
posted by おかめ at 23:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2006年09月23日

ちょっと参考書。

papaken060923.jpg



「パパ権」ということば自体はすきではないけど、世の中の親父たちがもっともっと子育てを楽しむようになれば、それがまちづくり、地域づくりに発展するという事例。


一読の価値あり。
posted by おかめ at 23:55 | Comment(7) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

学年を越える。

IMG_0114.jpg



仰々しい人数で始まった交通安全週間も、二日目のきのうは四つ角にふたりずつの八人だけ。

そのうち、うちの角に立った市職員は六年生の学年委員長をしているひとでした。



チャーンス!
posted by おかめ at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2006年09月22日

母親委員会。

tokiwahaze060917.jpg


常磐はぜ(ゴマノハグサ科・サギゴケ属)。
道ばたでよく見かける雑草なんだけど、花が咲いてるのを意識して見たのははじめてかも。
名前を調べるのに手間取りました(笑)。
サギゴケを見つけなかったら未だに探してるわねきっと。

花は春から秋まで咲き続けるので、「常磐」の名前の由来となっているそうです。





さて、
posted by おかめ at 23:22 | Comment(5) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2006年09月17日

講評B面。または、副音声。

IMG_0039.JPG


吹奏楽部のファンファーレで運動会が始まりました。


副音声はこちらから。
posted by おかめ at 23:30 | Comment(5) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2006年07月30日

晴れ!

aozora060730.jpg





きょうはうちの中にいるのがもったいないくらいのピーカンでした♪
子どもたちがいない間に大物の洗濯をして、注文をこなして・・・・。


・・・お客さまがあんまり見えない (_ _。)


あまりの天気の良さに、きっとみんな海に行ってしまったんだわ!
そうよ!きょう行かないでいつ行くって言うのよ。

子どもたちはじーさんばーさんに海に連れてってもらって、ご機嫌で帰って来ました。
わたしだって、行けばこんな風邪なんてすぐに良くなるものを・・・。




ああ、
posted by おかめ at 22:37 | Comment(5) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2006年06月11日

これは「昼」の行灯。

andon060609.jpg


こないだの行灯の細工部分。
パッチワークもそうなんだけど、こういう幾何学模様って見ていて飽きない。









l-hu-3-2.gif









きのうは五年生の学年総会。
話し合いもへったくれもなく、最近の子どもたちの様子を聞いておしまい。
つか、知ってるひとだけ気をつけてくれって感じ。

それに、問題を抱えている子どもの親は、絶対にこういう会議には参加しないしね。
研修会や講演会を催しても、この話を聞いて貰いたいひとっていうのは出て来ない。
自分が問題だという認識ってないんだね。当たり前か。




手くせの悪い女子がいて、仲間うちでその子の話題を出したら「保育園の頃からそうだったよ」と、保育士をしてるおかあさんが言った。
うげ。
トラブルがあった子の家に母親も一緒に謝りに行っても、親子して全然悪びれた様子もないとか。
親が率先して子どもに万引きさせたりしてる話もニュースになってびっくりするけど、結局親がきちんと叱らないからそれでいいと思っちゃうんだね。



やっぱ、大人がおかしいよ。








l-hu-3-2.gif









下の子のチック(まばたき)と、それに加えてまるでぜんそくみたいな咳が治まらない。
ストレス抱えてるんだな・・・。



あああ、早く小学校を卒業したい。
建具屋さんの奥さんが言ってたことを思い出すよ。
まさか自分も同じ気持ちになるなんて、夢にも思ってみなかった。



andon060609b.jpg




さすがに灯りはつけないけどさ、ぼーっとして、何も見ないで何も感じないでいられたらいいよなあって、ちょっと思っちゃった。

しかもこの写真、コードが見えてる。
おマヌケ。
posted by おかめ at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2006年06月07日

わたしに頼まないで

onitabirako060602.jpg



鬼田平子(おにたびらこ)。
田平子(タビラコ、コオニタビラコ)よりも大きいことからこの名前がついたそうです。
葉が田の面に放射状に平らに広がる(ロゼット状)ところから”田平”子。
よく似てるけど仲間じゃないらしい?

ちいさいたんぽぽが集まってるような花です。
そしてやっぱり綿毛になるんだよ。









l-hu-3-2.gif













カズオ・イシグロの最新刊は『わたしを離さないで』
だけど、いまのわたしの気持ちは「わたしに頼まないで」。









l-hu-3-2.gif










子ども会の集まりで良いところは、学年の違う父兄ともつっこんだ話が出来るところ。
子どもの友だち関係やお金のトラブルだけでなく、学校行事やPTA活動についてもいろんな情報が飛び交う。



読み聞かせは各学年ごとにPTAによって運営されています。
三年前、いまの校長がはじめてこの学校にやって来たとき、これは高学年には必要ないのではないか、学年を越えて低学年だけでの活動にしたらどうか、と理事会かなにかで言われたらしい。
当時うちの子たちは六年生と三年生。
上の子の学年は女子の間で何かともめごとがあり、親のほうもなるべく学校へ顔出ししていたい気持ちもあって、読み聞かせは続けることにしていました。


そのうえで「学年を越えてサークルを作るという話があるので、名前を挙げておいたので、そのとき話があったらよろしくお願いします」と当時の学年委員長から電話がありました。
確かに単一学年ではマンネリになってることも、ちいさい子から大きい子までいろんな学年が混ざっていたほうが自然だし面白い企画が出来そう。
ああいうこともしたい、こういうこともしたい、といろんなことを考えてみてたのです、が。







いつまでたってもその依頼が来ません。








そうこうしているうちに年月が経ち、もうその話は立ち消えになったと思っていました。









ところが。







今年四月の時点では事務局内でオフレコで再びその話が持ち上がってるというじゃありませんか。

わたしがどこからそんな情報を得ているかなんてことはまあ置いといて。



五月の母親委員会で、今年度の活動について話し合っていたときにその話を持ち出したら担当の先生方が(三人いらっしゃる)揃いも揃って





「え?聞いてませんよ?」





なに!?





慌ててその話はその場では引っ込めたものの、こないだの運動会の反省会で帰り際に四年生のおかあさんで読み聞かせに熱心なかたに呼び止められ、






「これこれこういう話があるんだけど、担任は『校長に聞いときます』って言ってそのままなのよ〜」







えぇ〜。
今さらその話を持ち出されても〜。







「ねっ、いいの?読み聞かせ、なくなってもいいのっ!?」






いやそうじゃなくて、いまうちの学年ではおかあさんたちが限界に来てるから・・・。









・・・酔っぱらってる母ちゃんってのは強いね。
あたしゃ一気に酔いが醒めたよ。






「頼むよっ!」








って、そう言われても〜。








l-hu-3-2.gif









わたしはすっかりおとなしくしてるつもりでいたし、校長はわたしには頼みたくないからこの話を公にしないんだと踏んでたのに。

いま動けない。動きたくない、って言ってる間に卒業だなこりゃ。
校長も定年になるし。




つか、こんなに聞いちゃったら確認しないわけにはいかないじゃんよ〜。
なんとかしちゃうこの性格を、まずなんとかしなくちゃいかんな。





onitabirako060602b.jpg





ピンボケなんだけど、こちらのほうがなんか好き。





曖昧で、周りにとけ込んでるみたいだからかな。
わたしも自分の気配を殺すことを覚えなくちゃ。








l-hu-3-2.gif








ぶぷっ。無理!!!








ダーリン・・・( ̄Д ̄;;










posted by おかめ at 22:44 | Comment(5) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2006年06月06日

歯痒い。

yamakurumabana060605.jpg


たぶん、ヤマクルマバナ。
この子が生えてるのは物干し台のポールの付け根。
たくましいものです。
この脇には勿忘草も一輪あります。
誰が植えたわけでもないのにねぇ。









l-hu-3-2.gif









運動会の反省会でYくんのおかあさんと話していて、あれっと思った。
お姉ちゃんがイジメに遭ったのは、一年生のときかららしい。
そのときの担任は、いまのうちの子の担任。
二年になってクラス替えがあったから。


「なにもしてくれなかったよ、ほんとになにも」


って言うのだけれど・・・。



Yくんのおかあさんは娘さんが何事もなく学校へ行けるようになればいい、というだけじゃなくて、いじめている子たちにも何か制裁を加えてやらないと気が済まないのかな。
何もしてくれない先生方や、相手方の親にも思い知らせてやらないといけないという考えなのかな。

その気持ちもわからなくはないのですが、それってあまりにも他人をアテにし過ぎてないのかなと思ってしまった。
わたしだって多くのひとに考えて貰いたいと思って動いているのだけれど、当事者としては動きかたが間違ってるのじゃないかとまで思ってしまいました。



逆の立場になってみれば、わたしだってきっとそういう考えや行動を取るかも知れないんですけど。




心が弱くなっているときには、余裕がなくて自分中心に考えてしまいがちだけれど、せっかく娘さんと長くいられるチャンスでもあるのだし、毎日家で楽しく過ごせるように気を配ってあげるほうが良いのじゃないかなあ。
家事を手伝って貰ったりして、その子が大切で必要なことを、口だけじゃなくて行動で示してあげたら良いのじゃないかと思うのだけれど・・・。

いえ、もうやってるかも知れないし、こんなことを言うのはおせっかいなので黙ってましたよ。
少しでもその気持ちに寄り添うことが大事かなと思って。
それに娘さんが学校に行けるようにならないと、誰の話も素直に聞き入れられないだろうな、とも思う。



結果が出せなくて、自分自身歯痒くて申し訳ない気持ちでいっぱいなのだけれど、現状ではこれが精一杯なのだ。
週末には五年生の学年総会があり、校長先生から例の話をして貰うことになったそうです。
確かに父兄から持ち出すよりも角が立たないでしょう。
でも・・・。










l-hu-3-2.gif














自分はひとりでも大丈夫なんだ、という気持ちが心に芽生えるのを手伝うのが親の役目のような気がして来ました。
無理矢理自立させるのじゃなくて、う〜ん、自信をつけさせてあげるというのかな。





いつの間にか根を下ろして花までつけちゃう雑草のように。
たくましく。
良い意味で、したたかに。
posted by おかめ at 23:11 | Comment(6) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2006年06月02日

出前講座

IMG_5780.JPG



都忘れ。
承久の乱(1221)で佐渡島に配流された順徳上皇が「この花を見ると都への思いを忘れられる」と話したことから、この名前がついたといわれています。
朝廷の倒幕計画って、ずさんだったというか甘かったのね。








l-hu-3-2.gif









市役所では出前講座を開催しています。
母親委員会でも何か研修を行わないといけません。
しなければしないで突き上げが来て、やればやったで文句が出るという割に合わない委員会でございます。


それでも、子どもたちが楽しく学校に通えるように支えてあげるのが母親をはじめ家族の役目。
いいメニューがあったので、早速委員長と相談して問い合わせてみました。


市の教育委員会に知り合いがいるのですが、そのかたも同じ学区で、かつて一緒にPTA活動をして来たのです。もうそのかたのお子さんたちは、中学も卒業してしまいましたけどね。






いま、こちらの学校ではいろいろと問題が起きておりまして・・・。
出前講座のメニューに、教育委員会の『元気で「いのち」輝く学校教育』というのがあったので、是非この問題と絡めてお話して頂ければと思いまして。




う〜ん。
警察署の生活安全課のひとに来て貰ったほうがいいんじゃないの?





それも考えましたけど、そこまであからさまにすると、やっぱり抵抗が大きいかなと思って。





そうだね。
じゃあこちらで話を通して、連絡します。





ありがとうございます。
よろしくお願いします。








一週間経ったが連絡がない。
理事会(事務局と各専門部長、学校教師)で活動報告しなくちゃいけない日が近づき、委員長が「あの、実は・・・」とやって来ました。ご近所なの。





母親委員会担当の先生と話していたところに校長先生が来て、「やめてくれ」って言われたの。





あああぁぁ。






名前を挙げて糾弾しないでくれ。(そんなことしないよっ!!)
かわいそうな子なんだ。(お金取られた子はかわいそうじゃないのか?)
とにかくもう一度検討してくれ。(それはこっちのセリフだっ)






・・・きょう教育委員会に連絡しましたよ。






すみません。校長からストップが掛かりました。
情けないです。





学教もいい顔しないんだよ。
いいことやろうとしているのに、何でそんなに変に気を回してるのかさっぱりわからん。





だから、こないだも話したように問題ある校長なんですよ。
昨年脱走事件があったの聞いてないでしょう。
無事に子どもが見つかったから良かったものの、これが事故や事件に巻き込まれていたとしたら、もっと大変なことになってたのに。
あの校長、自分に名誉に傷がつくんじゃないかってことばっかり。





これはやっぱり腹を割って話すというか、真剣に話し合いが必要だな。





校長に問題があるときには教育委員会に相談すれば何とかなると思ってたけれど、どうにもならないもんですね・・・。





・・・ははは・・・。







教育委員会のその出前講座の内容は「子どもにとって、楽しく思い出多い、明るい学校にするため大人は何をすべきか。これからの学校の在り方について」っていうからお願いしたかったのに・・・。








l-hu-3-2.gif









先日書いたYくんの二番目のお姉ちゃんは、うちの上の子と同じ中学二年生。
なんと同じ部活の子たちからイジメに遭っている。
学校に行けない状態にまでなっていると聞いた。

家族はどんなにか心配だろうと思うと胸が痛い。
先日の中学の懇親会でもおかあさんは泣いていた。
学校が真剣に取り合ってくれないからだ。
わたしが心配したって何も変わらないのだが、せめて下の子の問題だけでもなんとかしてあげたいと思って動いているのに、うまく行かない。

来週には五年生の学年総会があるので、そのときに話し合えるように学年委員長にも担任ふたりにも話しておいたのだが、校長も出席するというのでこの話は立ち消えになるかも知れない。



IMG_5778.JPG





わたしの計画が甘くてずさんだったか・・・。
あっ。
まだ子ども会があるじゃん。

出前講座はこっちでして貰えるように計画してみよう。
こちらは自治会組織なので、何をしようと学校側ではほとんどタッチ出来ないのだ。






わたしにだって「ずく」があるのだ。

posted by おかめ at 23:30 | Comment(3) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2006年04月24日

育てる

doumyouji060321b.jpg



季節を外してしまったお菓子の写真ですが。
小学校の前の事務員さんが、導明寺大好きなのです。
きょうはこのかたのお話。


よく、いろいろな方に「ここまで持って来てもらえれば、みんなお菓子買うのよ」と言われますが、なかなかどうしてそういう時間は取れないもの。
それに持って行ったものが全部売れるわけでもなく、ちょっと効率的にはどうなのかな?と思うこともあります。

でも、わたしがよく使うのは「ついでの仕事」。
授業参観日で学校に行くから、何か食べたいものありませんか?
これです。

頼まれたものを持って行く。
学校に行く用事のついでに仕事もする。
同じ方行に行くからついでに寄る。
一石二鳥。
これは独身の頃勤めてた会社で教わりました。
わざわざそのためだけだなんてもったいないでしょ。



sakuratominato060424.jpg




まあ、そんなこんなでよくうちのお菓子を使って頂いています。

あるとき、朝早く学校に届けてもらえないかという打診がありました。
当店は朝八時から開店しているので、いえ、その時間から作るほうも始まるので、そのときにはあまりお菓子が揃っていません(汗
それで、朝の十時くらいまでは作るほうが大忙しなのです。
その前に届けるとなると零細企業の我が家としては至難の業。

事務のSさん、ナイスアイディアを思いつきました。



「お兄ちゃんが学校に来るときに持たせてくれればいいから」



上の子が五年生くらいの頃でしたか。
いえ、こちらとしても商売だし、買って頂けるのは嬉しくてありがたいけれども徒歩二十分の道のりの中で落としたりぶつけたりしないだろうかと、やはり心配なわけです。
それに、より早く仕事をしないといけないわけで、それもちょっとツラいかな。
子どもと接する時間が少なくなっちゃうし・・・でも商売が大事だし。



「大丈夫よぉ。あなたの家も朝が忙しいんだし、それくらい子どもたちにも出来るものよ」



その言葉に背中を押されて、メモをつけてよ〜く噛んで含めるように子どもに言い聞かせて送り出しました。

ハラハラしながら仕事をしていたら一本の電話が。



「無事に届きましたよ♪お兄ちゃんを褒めてあげてね」



うううれし〜。
子どもを信用して、親が不安で出来ないことも任せてくれたのです。

もちろん、子どもが帰ってから「ありがとう。Sさん喜んでたよ。また頼むねって」と伝えたところ、ぱっと顔が輝きました。

こういうことが何度かあり、子どもは徐々に自信をつけて行きました。
そのおかげか、お店でも「いらっしゃいませ。少々お待ちください」など、恥ずかしがらずに言えるようになって来たんですよ。

上の子の様子を見て下の子も自然と覚えて、ちゃんと配達の役が出来るようになって来ました。

信用して、任せてくれて、褒めてくれて。
子どもって、こうして育てられて行くんだなあと思いました。
家族だけじゃなく、いろんなひとに教えられて育つんだなあ、と。

こうしてこのかたと仲良くしていて良かったな。
顔を合わせる機会は少なくなってしまったけれど、これからも繋がっていたいと思う人生の先輩です。
posted by おかめ at 23:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2006年04月09日

子ども会連合会

someiyoshino060409.jpg




昨日もきょうも生憎の雨。
入学式だったのにね。
こんなに寒いなんて、何年ぶりなんだろう。

みなさん、お疲れさまでした。
そして、おめでとうございます。



それはそうと、
posted by おかめ at 23:38 | Comment(8) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2006年03月10日

見まもりくまくん

mimamorikumakun060309.jpg


その名を「さわやか声かけ会」という。
今年度、子どもたちを不審者から守ろうと、校長先生の発案で土田義晴さんに「くまくん」の絵を描いてもらったジャンバー。
これを着て子どもたちと一緒に下校するのだ。


一枚1,500円だったかな。


え〜、これ買って、いつ着るって?
子どもたちの下校のときだけじゃなく、いつでも着てろって?


けっ、ばかばかしい。
こんなもの着てなくたって、誰がどの家の子か知ってるし、うるさいばばあだと言われようともいつだって声掛けしてるわ。
形だけ立派にしてたって、普段の心がけじゃないの、こういうことって。




と思ってうちでは買わずにいた。
そもそも無駄なものにはお金を払いたくない。
そうしたら「持ってないのはそちらだけですから・・・」と、うちの子ども会の今年の育成者の方が持って来て下さったのだそうだ。
いえ別に、お金を払えと言われたわけではなく、「タダです」ってことで、クリーニング代も子ども会連合会から出るらしい。



・・・・・そんなら最初っから子ども会連合会登録料から買ったらどうだったの?




たぶん、ではなくきっとうちでは着ない。
10日20日と決まっている統一行動日(どこの子ども会も揃って大人が付き添う日ね。特に低学年)を知ったのも、つい先日だ。
というか、先月の20日が初めての統一行動日だったらしい。

今年度ももうおしまいだけど、始まりなのね。
学校というところも、所詮はお役所仕事だ。
決定が遅い。
大人の都合で子どもが犠牲になってるのがわからないのかなあといつも思う。



そのうちうちでも一緒に下校する当番が回って来るだろう。
そのときは着るかも知れないけれど、それまではお蔵入りだな。



そんなものなくたって、いつでもどこでも見かけたら声を掛けるくらい、やるよ。






l-hu-3-2.gif






いつでもどこでも、か。





そうよわたしはコンビニエントな女なのよ。






便利じゃなくて、うざいだけだな。






ダーリン・・・( ̄Д ̄;;
posted by おかめ at 23:16 | Comment(3) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2006年03月05日

学年懇談会

sakuratsubomi060220.jpg


桜のつぼみはまだ固い。
風も冷たい。

でも、日はずいぶん長くなった。
気持ちがウキウキしてる。
やっぱ春だ。




l-hu-3-2.gif






昨日のわたしは分刻みのスケジュール。
芸能人でもないのに、行かなきゃならないところの多かったこと。

午後から町子ども会の歓送迎会があり、夜には四年生と中学の学年懇談会が重なっていて、身体が三つ四つないと回れそうにありませんでした。
それに、女のひとが出かけるということは大変なんです。
洗濯はして行かなくちゃいけない、ご飯の支度はして行かなくちゃいけない、もちろんうちの場合は仕事がある。
外で働いているおかあさん方は、もっとたいへんだろうなあ。

と思ったけど、そういうひとたちは休みがあるもんね。
それに、嫁が子どものために話し合いに出かけることにぐだぐだうるさく言う家族もいないだろうし。







l-hu-3-2.gif








わかってないなあ。





と思う。
PTAの評議委員や、事務局をつとめるような人たちは、もっと子どもたちのことを考えてると思ってた。
それは先生方も同じなんだけど。


先日、学校評議委員会といって、地元に住んでいる自治会代表と学校側が話し合う定例会議がありました。
そのときふるまわれたのは餃子。
先生方が手作りしました。


それはいいよ。
でもさあ、なんで授業をつぶしてまでそんなことしなくちゃいけないの?
もてなして貰わなくても、子どもたちのための話し合いでしょう。
ちゃんとやるよ?

その間先生方に命令した校長先生は、全校の子どもたちを集めて授業を行ったとか。
その内容は、




え?マイムマイム?


ふっる〜。


ちょっと待って。
いまはねえ、フォークダンスの時代じゃないんだよ。



え?やらなかった六年生がいた?
うんうん。
で?
その子たちだけ叱ればいのに、連帯責任だと言って六年生みんなを叱った?

わかんね〜・・・。



校長先生、アイディアはいいよ。
でもさ、ちょっと違う。
子どもたちのために、全然なってない。

子どもたちがいやがることでも、楽しくできる気分にさせるのが、先生のつとめでしょう。
それに、授業をつぶして餃子を作らせるなんて、バカじゃん。
給料貰ってやる仕事の内容じゃない。



おかしすぎ。



と思ってたら、こないだうちの子の担任(男性44歳)も、子どもたちに切れてチョークや教科書を床に投げつけて職員室に引っ込んじゃったとか。
子どもたちがみんなで迎えに行ったけど、すぐには帰って来なかったとか。

確かに無反応な子どもたちも悪いけど、大人として、教師として、それはどうなの?




子どもたちが無反応なのは、時間をやりすごすことを覚え始めたからだ。
それは、身近な大人がそういうふうだからでもある。
家族だけじゃなく、先生方が気持ち良く働ける職場じゃなくなってるんだもの。



読み聞かせや配達に行って、学校の様子を見る。
子どもたちの様子を見る。
誰と話をしなくても、雰囲気は伝わって来る。



それを改善してほしいんだけど、ものごとの進め方には順番があるよね。
わかってないなあ、と思うのは校長だけじゃなくて親の方もだ。

まず担任と話し合う。
それでも埒があかなければ、教頭を交える。
それでもダメなら、いよいよ校長室行きで、そこでも解決しなければ教育委員会だ。


その段階をすっ飛ばして、その先生さえいなければいいのにと考えるのは、何か間違っている。


上から一気に片付けようとするのは、答えばかり知りたがる子どもたちと同じだ。
過程を省略したら、解決しないのに。


父兄だって中間管理職の年代が多いはずだ。
自分をすっ飛ばして部下が社長に直訴したら、気分が悪いんじゃないの?
管理能力が問われるんじゃないの?


もっと、相手を立てようよ。
下手に出たら、話し合いがなされない確率は低いよ。
自分たちだって校長が上からものを言うのに反感持ってるくせに、同じことやってどうするのさ。




わかってないなあ、と思う、ほんとに。




空気読むだけじゃダメなの。
場の空気を自分で作らなきゃ。
誰でも意見を言いやすい空気。
相手の話を聞く気持ち。

校長の真似をして聞く耳持つことをやめたら、わたしたち親は、子どもにも見向きされなくなる。





あんまりあっつくなって話して来たんで、今朝は声が枯れてた。
久しぶりにお酒を飲んだら、気持ちが悪い・・・。






l-hu-3-2.gif








あーあ、ひと晩ブログ巡り出来なかっただけで、ものすごく未読の記事が溜まってる・・・。





じゃあ今度代わりにコメントしてあげよう。
生協の白石さん風がいいよな、やっぱり。







ダーリン・・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ


posted by おかめ at 22:20 | Comment(7) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2006年02月08日

なんか寂しい。

karehatoyuki060206.jpg


さすがに二日間も雨の日が続くと、こういう景色も少なくなります。
でも今度は歩きにくい。
融けた雪は凍りますからね。



l-hu-3-2.gif



きょうはちょっとモヤモヤしている。
いえひどく落ち込むとかいうのではなく、う〜ん、うまく言えない。

ものごとが芳しくないほうへ進んでいる、とでもいうのかな。
それは学校に関することなのだが、あまり声高に叫ぶことではないのはわかっている。
でもどうして町のジイさんたちはこんなに大人しくなっちゃったんだろう。
今までみたいにどんどん口を出してほしいのに。
肝心なときには黙っている。


あ〜でもいいやあれこれ考えても決まったことはしょうがない。
どうせ小学校もあと二年の付き合いだ。

子どもが楽しく通える方法を考えたほうがいい。




l-hu-3-2.gif





あっ!22日は読み聞かせの当番だった!!
ネタ練っとかないと。
小道具も作ろかな。
喜ぶ顔を見るのはとても嬉しい。




この頃ほかの子どもたちとの距離が遠い。
学校との距離が遠い。
なんか寂しいのはそれだ。
posted by おかめ at 23:31 | Comment(8) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2005年05月28日

行ってしまえば

わかってる。
楽しいはず。
でもさあ、初めての集まりって、緊張するじゃない。

ああ、なんか重い。えっ、
posted by おかめ at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2005年05月25日

ラブラブ?

「あたしを肴にして酒飲むのはもうやめようよー」まったくもって、
posted by おかめ at 22:42 | Comment(7) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2005年05月24日

酔いが醒めそう。

赤裸々な話はまだ続く。

気の置けない仲間ってのはホントにありがたくって
posted by おかめ at 21:16 | Comment(3) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2005年05月23日

男のひとだけではなくて

「あっわかった!あたしとダーリンじゃなくて、それって
posted by おかめ at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)

2005年05月22日

男のひとって

「おれさぁ、かめちゃん夫婦がからんでるところって想像できない」はぁっ!?
posted by おかめ at 23:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | 学校(PTA編)