2015年07月04日

スゴイぞ!全自動ディーガ!

GetAttachment.jpg

「全自動ディーガ!3週間無料お試しキャンペーン」に当選しました。

 DMR-BRX4000 最大6チャンネル同時録画、4TBの機種です。


l-hu-3-2.gif


 いま使っているDiga DMR-BZT600(4年前購入。3チャンネル録画、500GB)のHDDが時々録画に失敗するようになってきたので、新しい機種を探していたらこのキャンペーンを見つけました。全録、いやPanasonicがいう全自動がはたしてどの程度使えるのか、使えないのか、興味津々です。

 本体は外箱にぴったりの大きさの無地のハコに入って送られてきました。3週間後に返送するときの送り状もついています。すでに外箱のテープは切ってありましたが、付属品は全部あることを確認。さっそく本体を取り出します。

 大きさはいま使っているBZT600とほぼ同じです。奥行きも小さいです。天板にはヘアラインが入っていて、高級感を出そうとがんばっています。

 TVに結線しようとして気づいたのですが、今時の機種はD端子がないのですね。この4年間の間にすっかりHDMI端子オンリーになったということか。スゴイなぁ。

 さて、アンテナ端子とHDMIとLan端子をつないで、配線はできあがりです。

GetAttachment-2.jpg

 270ページ以上もある分厚いB5(!)の取説を片手に、さっそく電源を入れてみましょう。

 電源を入れても、右すみに緑の小さなインジケータが点くだけで、時計もチャンネルも表示されません。ずっと録画しっぱなしだからチャンネルなんかいらないじゃん、ということでしょうか。ま、あったとしてもどうせ見ないけど。

GetAttachment-1.jpg

 画面が出ると、初期設定が始まります。まずリモコンの設定です。この機種は赤外線だけでなく電波も使えるので、リモコンを本体に向ける必要がありません。これはTVとDigaを離して設置したときに便利。

 付属のリモコンはふたの中にボタンが隠れていないタイプ。たくさんのボタンが並んでいて、使いたいボタンがどこにあるのか探すのに一苦労。慣れの問題でしょうが。このモデルの特徴として、マウスポインタがレーザーポインタのようにリモコンを動かすことで移動できることがあります。一回ずつ矢印キーを何度も押して指定するよりもずっと便利です。このリモコンのために買いかえるか?

 次に地域設定、TVのメーカー設定、チャンネル録画設定と進みます。これは、どのチャンネルを自動で録画するかということです。基本は24時間録画ですが、朝2時間と夕方から深夜まで8時間分を録る、しかも曜日別に細かく指定できます。残念なのはこの時間設定が全チャンネル共通なこと。NHKは24時間録るけど、民放は夜だけ、というような設定はできません。が、録画モードは2倍録から15倍録の間で各チャンネル毎に変更できます。見るTVの大きさや個人差にもよりますが、3倍録程度までであれば放送画質と変わらない品質のように思えます。デフォルトは5倍録です。

 BRX4000は最大6チャンネル分の自動録画になるので、録画するチャンネルを選択しなければなりません。ただ、地デジだけでなく全チャンネルBSだけ、あるいはCSだけ、という設定もできるので、これはうれしいところ。

 次に、チャンネル録画と通常録画に使うHDDの領域確保をします。最後にネットワークの設定を確認して終了。すでに自動録画は進行しています。私の場合、見たい番組だけ録画しておいてそれ以外はほとんど見ない生活でした。さて、TVの見方はいままでと変わるのでしょうか?


l-hu-3-2.gif


 応募は2015年12月9日までなので、みなさんもまだまだ間に合います。
 さあ、ダマされたと思って、いまからTVを堪能する老人になる準備をしましょう。

 →http://panasonic.jp/diga/campaign/rental/brx4000/

 あ、黙って観てるだけぢゃいけませんよ。バランスボールや踏み台など、TVを見ながら出来る運動もいろいろあります。とりあえずキャンペーンページを見てみてね〜。
 
 しかし数日使ってみたけど便利っちゃ便利ですよ。これ返さなくちゃいけないっていうキャンペーンだというところが最大の欠点ですね。

posted by おかめ at 01:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 電脳生活
この記事へのコメント
ヤヤーさん、こんばんは。

そうですか、やっぱり便利ですか。
6チャンネル、見逃す心配がないってのがいいですね。
なでしこのニュースを6チャンネル分全部見る、なんて使い方もできそうですね。

3週間もお試しできるのはいいですね。
これって、そのまま買い取ることはできないんですか?
Posted by オカダ at 2015年07月07日 19:25
>>オカダさん
観たい番組は数々あれど…というときには助かりますね。
でもこれ実は夫が当選して、このブログのアドレスを登録したので
しかたなく載せた記事…。
ひどいヤツでしょう(笑)。
わたしも当選すれば、さらに三週間使えたのにね。

しかし、この6チャンネルというのもけっこう曲者です。
BSだってあるし、そもそもわたしは夫よりも観なくてもいいの。

この商品をそのまま買い取ることはできなくて、
箱を開いて最初に目にするものが何と「返却リスト」なんです。
リモコンとか備品も残さず返せるようにされてます。

きっとこれパナソニッククラブで一割引くらいで販売して「モニター価格」とかって謳ってるんじゃないでしょうか。
試す価値はあるので、オカダさんも応募してみては。
わたしなんてケータイも持ってないので、
クラブメンバーなのに何にも出来なかったりします。
違うサービスとのポイント交換とか…。

心配なのは「何もしなくていいんです!」と綾瀬はるかや西島秀俊が言ってるせいで、電源にも繋がないでいる人が出てきそうなことです(爆
Posted by ヤヤー at 2015年07月08日 15:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(管理人のみに公開されます):

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック